おまとめローンを比較|銀行からお金を借りる

おまとめローンを比較

1社のみの借入なら「おまとめローン」の利用を考える必要はないと思います。しかし、3社、4社といったように複数社からお金を借りているような人は、一度「おまとめローン」の利用を考えると良いと思いますよ。では具体的に、そのような人が「おまとめローン」を利用するにはどんな点に注意、留意すべきなのでしょうか。

 

「おまとめローン」は特定目的の為に利用するローン

 

『どの金融機関の「おまとめローン」を利用しようかなあ〜』と思った時、「おまとめローン」を比較する際の大前提となるのは、「おまとめローン」の利用目的をまずはしっかり把握し理解しておくこととなります。「おまとめローン」を利用する目的は、「複数の借金を一本化することで毎月の返済負担をできるだけ軽くしつつ一日も早い完済を目指す」といったことになります。つまり、「おまとめローン」は返済に特化したローンと言うことなのです。「おまとめローン」を利用すれば、複数社でバラバラに借りている金利をできるだけ低金利のところに一本化できるので金利負担が軽くなります。金利負担が軽くなれば、返済総額も圧縮できるので完済に弾みが付きます。また、複数社ごとにATM返済していると、各々にATM手数料がかかるので、これも1社にすれば1回のATM手数料の負担で済むので返済負担が軽くなります。このように「おまとめローン」は、一般カードローンとは性格の異なるローンとなるので、その点をしっかり認識した上で、「おまとめローン」を比較して選ばないと思わぬ失敗をしてしまうこともありますよ。

 

「おまとめローン」は銀行がいい?消費者金融がいいの?

 

消費者金融には「おまとめローン」の設定があります。そして、消費者金融の「おまとめローン」は、消費者金融の一般カードローンに比べて金利は低めとなっています。一方、銀行の場合は「おまとめローン」の設定を設けていないところが大半となります。が、銀行カードローンは融資額が大きくて金利も低めなので、「おまとめ」として利用できるのです。どちらの「おまとめローン」が有利かに関しては、ひと口で断定できません。消費者金融の「おまとめローン」は、返済に特化した「返済専用ローン」となり、銀行の場合は一般カードローンの利用と同じとなります。少しでも低金利の「おまとめローン」を選ぶと言った、「おまとめローン」の利用目的に則って言えば、銀行のカードローンを「おまとめ」として利用するのが得策と言えます。銀行カードローンは、消費者金融の「おまとめローン」の金利よりも低いところが多いからです。銀行カードローンを「おまとめ」として利用するには、まず審査に通るのが大鉄則となります。銀行の審査は厳しめとなり、「おまとめ」として利用する際には、まとまった借入額になると考えられるのでさらに審査は厳しめになると覚悟しておく必要があるでしょう。その上で、「どうやって審査に通るのか?」が銀行でのおまとめ利用でのコツとなります。具体的なアドバイスとしては、少なくても借入件数は3社くらいまでが審査に通る限界となることと、できる限り現在抱えている借金を圧縮してから申し込むと言ったことになります。銀行カードローンでおまとめする際には、「低金利」がキーポイントになるので、できるだけ金利の低いところでおまとめするのがコツともなります。

銀行カードローン比較リスト