みずほ銀行カードローン|銀行からお金を借りる

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行と並ぶ3大メガバンクの1つとなる銀行です。メガバンクなのでお金を借りる安心さや信頼感には太鼓判です!

 

みずほ銀行カードローンの『キャッシュカード兼用型』キャッシング

 

みずほ銀行カードローンは、金利が年4.0〜14.0%とメガバンクのカードローンの中でも、一番の低金利となります。加えて、融資額も最大で1000万円と、こちらもメガバンクの中では一番の大型融資額となります。そんなみずほ銀行カードローンには“2つのカードローン”があります。ひとつは『キャッシュカード兼用型カードローン』です。このカードローン利用では、すでに持っているみずほ銀行の普通預金口座からの自動貸越機能を利用するかたちでのキャッシングとなります。つまり、普通預金からお金を引き出す時に、残高不足となってしまうと、カードローン利用融資枠の枠内で自動的に残高不足分の借入をカードローン口座から借り入れるかたちとなるのです。普通預金口座からカードローン口座へと自動的に振り分けられるシステムということですね。ただし、みずほ銀行の「総合口座貸越選択サービス」、あるいは「貯蓄預金スイングサービス」をすでに利用されている場合は、この『キャッシュカード兼用型カードローン』は利用できないので注意してくださいね。

 

もうひとつのカードローンは『カードローン専用カード型』キャッシング

 

みずほ銀行カードローンを利用する、もうひとつの方法は、『カードローン専用カード型』となります。これは他の会社のカードローンの利用方法と同じと言ってよいでしょう。つまり、カードを使ってみずほ銀行のATMに加えて、提携している他の金融機関のATMやコンビニのATMでキャッシングするかたちとなり、直接にカードローン口座からお金を借りるものとなります。それゆえ、『キャッシュカード兼用型カードローン』での利用できる自動貸越機能は利用不可となります。また、先に触れたみずほ銀行での2つのサービスを利用している場合は、こちらの『カードローン専用カード型』のみの選択となりますので注意してくださいね。さらに言うと、この2つのタイプの利用者には、口座からの公共料金や携帯電話料金など自動引落の際の残高不足を自動的に不足分だけを補填してくれる「自動融資サービス」と、カードローン口座への返済がプラスになった場合にプラス残高分だけを返済用の普通預金口座に自動的に振り分けてくれる「自動振替サービス」を希望すれば利用可となりますよ。ちなみに『キャッシュカード兼用型カードローン』を選択すると、「自動振替サービス」は自動的に附帯されるので便利ですね。

銀行カードローン比較リスト