りそな銀行カードローン|銀行からお金を借りる

りそな銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行といった3大メガバンクの規模には及ばないものの、【りそな銀行】はメガバンクに次ぐ大手銀行と言って間違いありません。そんなりそな銀行が提供するカードローンは、2つの種類があります。ひとつは、高額融資が魅力の【プレミアムカードローン】で、もうひとつは小額融資専用の【クイックカードローン】なんです。

 

【プレミアムカードローン】は大口融資を希望する方向けです

 

【プレミアムカードローン】の魅力は、なんと言っても50〜800万円といった融資額の大きさと、年3.5〜12.475%といったメガバンクのカードローン金利よりも低い低金利メリットと言って間違いありません。他方で、利用条件は、かなり厳しめとなっています。「年収400万円以上の方」が利用対象者となります。サラリーマンの平均年収がおよそ400万円となることから、【プレミアムカードローン】はやや敷居の高いカードローンとなってしまうかもしれませんね。加えて、利用条件としては、りそな銀行に預金口座があることです。それは【プレミアムカードローン】の利用方法が、すでに持っているりそな銀行のキャッシュカードにカードローン機能を附帯させるかたちとなるからです。さらに言うと、利用条件として、りそな銀行の営業エリア内に居住あるいは勤務しているとの点が特徴と言えますね。「営業エリア内の顧客に限られる」というのは地銀カードローンではよくある条件ですが、大手銀行でそのような利用条件がつくのは珍しいと言えます。一方で、同銀行で住宅ローンを利用している顧客は、さらに0.5%の金利優遇が得られます。

 

幅広い利用者が見込める【クイックカードローン】

 

他方、【クイックカードローン】は、小額融資希望者向けのカードローンと言ってよいでしょう。【クイックカードローン】では、融資は最大100万円までとなり、100万円型・70万円型・50万円型・30万円型の小額コースに分かれます。金利は、借入額に関係なく一律で年12.475%となります。そして、金利について言えば、たとえば三菱東京UFJ銀行で30万円借りた場合に適用される金利は年14.6%となるので、小額借入でも、りそな銀行カードローンは低金利になっていると言えるのではないでしょうか。また、年収制限が無いので、原則誰でも申込めます。が、専業主婦はNGとなります。一方で、デメリットとしては、審査こそ2時間くらいで終わるものの、その後の手続きでは10日以上かかることがあるので、その点がデメリットとなります。また、先の【プレミアムカードローン】と同様に、りそな銀行に口座を持っていることが利用条件になるので、口座の無い人は口座を開設する必要があります。

銀行カードローン比較リスト