即日借入を比較|銀行からお金を借りる

即日借入を比較

今日のカードローンでは即日借入はもはや当たり前の事、既定の路線と言ってもよいと思われます。それは現代人の借入ニーズが多様化する中で、「即日にお金を借りたい」とのニーズが特に高まっていると言ってよいからです。それゆえ、カードローン会社でもそのような利用者のニーズに応えることでカードローン業界での生き残りをかけていると言ってよいのです。では銀行と消費者金融での即日借入を比較するとどうなるのでしょうか?

 

即日借入比較でのメリットは「即日に借りれる!」ことに尽きます

 

「即日借入するならどこにする?」と聞かれれば、たいていの人は「消費者金融カードローン」と答えるのではないでしょうか。消費者金融のカードローンなら即日借入は可能です。テレビCMや広告などで知名度の高いプロミスやアコム、アイフルやモビットならどこでも即日借入が可能となります。換言すれば、消費者金融カードローンでは即日借入がひとつのウリになっていると言っても過言ではないのです。消費者金融では審査が早くて、先のプロミスなどの大手消費者金融では審査時間は最短30分となります。そして、審査が早いと即日借入に充てられる時間的余裕もあるので即日借入がより確実になると言ってよいのです。消費者金融で即日借入するためには、「申込時間帯」だけに注意すればOKです。たいていの消費者金融カードローンでは、遅くても平日の午後2時くらいまでに申し込みをすれば、当日の借入は可能です。また、即日借入をするために、たとえば「特定の銀行口座を持っていなければならない」と言ったような付帯条件もありません。さらに言えば、消費者金融では指定の銀行口座にお金を振り込んでもらえるネットキャッシングならもちろん即日借入は可能となる上に、カード発行による即日借入だって可能なんです。2つの借入方法で即日借入ができる点は消費者金融のメリットと言ってよいのです。

 

即日借入比較での銀行カードローンのメリット・デメリットは?

 

銀行カードローンでも即日借入に対応したところはあります。が、消費者金融と比較してしまうと、やはり銀行での即日借入には障害があると言ってよく、それがデメリットとなります。みずほ銀行で即日借入するためには申込時間帯の条件に加えて、「同銀行に口座を持っている事」が付帯条件となります。原則として即日借入に対応している銀行でも、審査時間が長くなると当日の借入はできなくなるケースが少なくありません。それは銀行の審査は厳しめとなるので必然的に審査にも時間がかかってしまうことが多いからなのです。そのことから銀行の審査の厳しさは即日借入比較でのデメリットと言ってよいかもしれません。銀行カードローンでの即日借入はネットバンキング利用が大半と言ってよく、カード発行での即日借入に対応できるところはとても少ないのです。たとえば、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は、自動契約機を利用すれば申込当日のカード発行が可能となるので、カード発行での即日借入は可能です。しかし、即日借入のための即日カード発行には本人確認書類として「運転免許証」の提出が利用条件になると言った付帯条件がついてしまいます。以上のことから、「即日借入のし易さ」との比較から言えば、消費者金融の方がメリットがあり、銀行の場合はデメリットがあります。

銀行カードローン比較リスト