審査を比較|銀行からお金を借りる

審査を比較

銀行か消費者金融でお金を借りる際に、多くの人が心配したり不安になってしまうのが「カードローンの審査」ではないでしょうか?「もし審査に落ちてお金が借りられなかったらどうしよう?」「銀行の審査って厳しくてなかなか通らないのかなあ〜」といった不安は誰でも抱いてしまうものでしょうね。銀行と消費者金融の審査比較すると、どちらの方がメリットがあり、どちらの方がデメリットとなるのでしょうか?

 

「審査比較」でのデメリットは「借り難さ」となります!

 

一般論から言って、「銀行の審査は厳しめで消費者金融の審査は柔軟でやさしめになる」と言われています。そのことから審査比較では、消費者金融の審査の方が柔軟でやさしめなのでメリットがあると言ってよいでしょう。なぜなら、消費者金融の審査の方がお金を借りられる確率が高くなると考えられるからです。銀行と消費者金融を利用した人たちの口コミ体験談をみても、「銀行の審査はNGだけど消費者金融の審査にはパスできてお金を借りられた」との感想はとても多いのです。他方で、「消費者金融の審査はダメだったが銀行の審査には通った」と言った口コミ体験談は稀なのです。審査通過率でみても、審査比較では消費者金融の方にメリットあると思われます。消費者金融の審査通過率は、約30%台〜50%弱となり、消費者金融アコムでは約2人に1人の割合で審査に通過しているのです。一方、銀行の場合はどうかと言うと、審査通過率はおよそ20〜30%となり、審査通過はかなり狭き門となっています。そして、審査が狭き門となることで、借り難いのでデメリットとなります。以上のことから、あくまでも審査比較との観点のみから言えば、消費者金融の審査は柔軟で借りられる確率が高いのでメリットがあり、銀行が審査が厳しくなって借り難くなってしまうのでデメリットが大きいと言ってよいのです。

 

審査比較は「審査基準のハードルの高低」に関係する

 

審査対象となる項目について言えば、銀行も消費者金融も同じなんです。銀行の審査の方が審査項目が多くなるので厳しくなると言う訳ではないのです。同じ審査項目なのに、審査の難易度が異なるのは、審査基準のハードルが異なるからです。具体的に言うと、消費者金融の審査では安定収入が重視されて年収の高低はそれほど審査の可否に影響しません。が、銀行では、安定収入の有無に加えて年収も審査に影響するので審査基準のハードルが高くなります。つまり、消費者金融の審査ではあまり問題とならないような点でも銀行の審査では審査の可否を左右してしまうような問題となってしまうことがあると言うことなのです。そのことから審査基準のハードルが高くなってしまう銀行は、利用者にとってはデメリットと感じられ、一方で審査基準のハードルが低めとなる消費者金融にはメリットがあると言うことになるでしょう。

銀行カードローン比較リスト