審査について|銀行からお金を借りる

銀行カードローンの審査について

どのカードローンでも審査は嫌なものです。
「審査に落ちたらどうしよう!?」と不安になってしまいますね。

 

銀行カードローンの審査ではなにを審査されるの?

 

銀行カードローンの審査は、一般的に“厳しい”と言われています。でも、厳しいからと言っても、審査に落ちてしまう人ばかりではありません。審査に通って銀行でキャッシングできる人だってたくさんいます。銀行カードローンの審査では、いったい何を調べられるのでしょうか?

 

銀行カードローンの審査では申込者の「信用能力」と「返済能力」を調べます。そして、この審査項目は、消費者金融のカードローン審査でも同じなんです。つまり、銀行カードローンの審査は厳しい!と言われていても、銀行だと消費者金融に比べて審査項目が増えたり、特別な審査をすると言う訳ではありません。
具体的に銀行カードローンの審査に関して説明すれば、「信用能力」の審査では、消費者金融の審査と同様に、信用情報機関に与信をかけて調べます。そして、与信情報において、返済の延滞履歴や任意整理などの債務整理歴の無い“クリーンな履歴”なら、銀行の信用能力の審査はクリアできます。
銀行カードローンの審査では、特に申込者の「信用力」を重視するので、消費者金融の審査なら問題にならないような信用力に関する点が銀行の場合には審査落ちの対象となってしまうケースは少なくありません。

 

もうひとつの「返済能力」については、「お金を貸しても返済できるのか?」を調べます。具体的には、安定収入の有無となります。正社員なら給与という安定収入を確保しているので審査はパスできます。
また、アルバイトやパートでも収入が安定していれば審査に通るのは可能です。そして、銀行の審査では、返済能力において特に「他社からの借入」を重要視します。具体的には、1〜2社くらいまでの他社での借入ならギリギリ審査に通ることも可能ですが、2社以上からの借入があると審査にはまず通してくれません。そのことから他社からの借入ゼロで、かつ安定収入を確保していれば返済能力の審査に通ることができます。

 

銀行カードローンは審査のハードルが高い!

 

以上のように、銀行カードローンの審査は基本的に消費者金融の審査と変わりません。しかし、なぜ銀行の審査の方が厳しくなってしまうのでしょうか?その答えは、「銀行の審査はハードルが高い!」からなんです。たとえば、消費者金融の審査なら安定収入を確保していれば他の条件に多少の問題があっても審査に通してしまうのです。つまり、消費者金融の審査の姿勢は、「まずお金を貸してみよう!」といったことになると言ってよいのです。

 

銀行の場合は、もっとしっかりした審査になります。具体的に言えば、安定収入の有無と他社での借入といった重要点に加えて、年令・職業・勤務先・勤続年数・家族構成・固定電話の有無などの様々な個人属性情報をも審査対象として、総合的な観点から包括的に申込者を審査することになるのです。そして、審査対象になる項目が増えれば増えるほど、審査に通るためのハードルは高くなってしまうのです。それゆえ、消費者金融と同じ審査内容となっても銀行の審査は厳しくなってしまうと言う訳なのです。

 

銀行カードローン比較リスト