融資スピードを比較|銀行からお金を借りる

融資スピードを比較

どこかでお金を借りる際には、「どれだけ早くお金を借りられるのか?」といった融資スピードも重要な点になりますよね。「1分1秒でも早くお金が欲しい!」といった緊急事態では、とにかく融資スピードがすごく気になってしまうでしょう。では銀行と消費者金融の融資スピードを比較するとどうなのでしょうか?

 

消費者金融は金利高めだが融資スピードでは太鼓判!

 

融資スピード比較で融資の早さだけで選ぶなら、断然!消費者金融のカードローンと言っても過言ではないでしょう。まず消費者金融は審査時間が早くて、たいていの大手消費者金融なら審査は最短30分となり、即日融資は既定の路線となるのに加えて、実際の融資でも早いところが多いのです。たとえば、プロミスの【瞬フリ】を利用すれば、審査完了後たった10秒で指定の銀行口座にお金を振り込んでもらえます。アコムでも楽天銀行に口座を持っていれば、審査終了後1分程度で口座にお金が振り込まれます。他のモビットやアイフルでも、審査時間を含めただいたい1時間程度で融資してくれるのです。そのことから融資スピードの早さと確実性では消費者金融の方に絶対的なメリットがあると言ってよいでしょう。その一方で、融資スピードの早い消費者金融は、銀行の金利と比べると高めになってしまうので、その点はデメリットと言えます。

 

銀行カードローンでの融資スピードのメリット・デメリットってなに?

 

融資スピード比較の観点のみから言えば、銀行カードローンの融資スピードは、消費者金融の融資スピードには敵わないと言ってよいと思います。たとえば、銀行カードローンの中で、プロミスの【瞬フリ】のようにたった10秒で融資できるような超スピーディーなところはありません。また、審査を含めて1時間以内の融資してくれるような早いところもないと言ってよいでしょう。銀行カードローンでの融資スピードは、早くても「当日中の借入」といった程度であって、「時間的な早さ」は期待できないと言ってよいのです。さらに言えば、銀行の場合は「申込当日に融資を受けられる事自体が融資スピード早い」と言ってもよいのです。以上のことから、消費者金融との融資スピードの比較においては、銀行の方がデメリットがあると言えるのです。その一方で、低金利で、それなりの融資スピードでお金を借りられるといった点は銀行カードローンでのメリットと言ってよいのです。つまり、融資スピードが早い場合は金利が高めとなり、逆に融資スピードが遅いのは審査が厳しめで審査に時間がかかるからとなり、その分金利は低めになると言うことなのです。それゆえ、カードローンを選ぶ際には、「融資スピードを優先するのか?」あるいは「金利を重視するのか?」との二者択一になるケースが多いと考えられます。

銀行カードローン比較リスト