融資額を比較|銀行からお金を借りる

融資額を比較

銀行か消費者金融でお金を借りることを決めた時、気になるのは「果たしてどれくらいまでお金を借りられるのか?」といったことがあると思います。銀行と消費者金融では、どちらの方が融資額が大きくなるのでしょうか?互いに融資額比較してみましょう。

 

「最大融資額」ではどちらにメリットあるのか?

 

銀行でも消費者金融でも、公式HPを見れば「最大融資額」が分かります。融資額比較する際には、まずこの最大融資額を見比べるとよいと思います。銀行での最大融資額は500〜1000万円となるので、消費者金融の最大融資額500万円と比較すると銀行の方が最大融資額は大きくなります。最大融資額が大きければ大きいほど、借りられるお金の上限も大きくなるので銀行の融資額の方がメリットがあると言ってよいでしょう。他方で、公式HPでの最大融資額は「名目上の極度額」となります。つまり、どんなに借入条件が良くても名目上の極度額となる最大融資額以上のお金は借りれません。また、「名目上」との意味は、誰でもこの最大融資額までお金を借りられることを保証している訳ではないと言うことです。実際に、各金融会社の名目上の最大融資額まで借りられる人は非常に稀と言ってよいのです。それゆえ、この最大融資額は、あくまでも名目上の融資額であって、実質的な融資額にはならないと考えるべきなのです。

 

「実質融資額」ではどうなるの?

 

一方で、実査に各利用者がお金を借りられる融資額は、「実質融資額」と言えるのです。この実質融資額は、先の名目上の極度額とは異なり、利用者によってまちまちとなります。では、この実質融資額ではどちらの方にメリットがあり、どちらの方がデメリットがあるのでしょうか?融資額比較においては、まず「総量規制」が大きく影響すると言って過言ではないのです。総量規制とは、年収の3分の1までが融資上限額となるルールです。消費者金融は総量規制の対象となります。年収300万円の人が消費者金融を利用した場合、実質融資額の上限は自動的に100万円までとなり、どんなに頑張っても100万円以上の借入は無理となります。銀行は総量規制の対象外となるので、利用状態や借入条件等によっては、年収300万円の人でも100万円以上借りられる可能性はあります。それゆえ、実質融資額の観点から融資額比較すると、融資枠の上限が無い銀行カードローンの方がメリットがあると言ってよいでしょう。融資枠の上限が法的に決まる消費者金融の方がデメリットとなるでしょうね。ただし、銀行カードローンの場合でも、実際には収入の3分の1までを目安にして融資しているのです。最大限の融資額でも収入の40%程度くらいまでが銀行カードローンでの融資額の最大になると考えていただければよいと思われます。

銀行カードローン比較リスト