金利について|銀行からお金を借りる

銀行カードローンの金利について

カードローンを利用する時には、是非とも「金利」に注目してもらいたいものです。金利は低ければ低いほど、借りた後の返済が楽になるからです。そして、キャッシングは、借りた後の返済をよく考えて利用するのが“賢い利用方法”となります。金利の事を考えた場合、多くの人は「銀行カードローン」を選択すると思われます。

 

銀行カードローンの金利って本当に低いのか?

 

一般的に、銀行カードローンは金利が低く、消費者金融カードローンは金利が高いと言われていますが、実際、本当にそうなのでしょうか?
具体的に見てみましょう。

 

銀行カードローン
  • 【三菱東京UFJ銀行】の金利年4.6〜14.6%
  • 【三井住友銀行】の金利年4.0〜14.5%
  • 【みずほ銀行】の金利年4.0〜14.0%
ネット銀行
  • 【オリックス銀行】の金利年3.0〜16.8%
  • 【楽天銀行】の金利年4.9〜14.5%

 

消費者金融
  • 【プロミス】の金利年4.5〜17.8%
  • 【アコム】の金利年4.7〜18%
  • 【モビット】の金利は年4.8〜18%
  • 【アイフル】の金利年4.5〜18%

となります。

 

最低金利では、ともに年4%台となるので、銀行カードローンの方が金利が低いとの印象はありません。しかし、最高金利で見てみると、銀行は年14%台となりますが、消費者金融の場合は年18%となります。そして、最高金利では金利差が4%程度となるので、この点では銀行カードローンの金利は低いと言ってよいでしょう。
また、金利差4%は、借入額が大きくなって返済期間も長くなると、4%の金利差は重くなります。たとえば、年10%で100万円を1年間借りた金利負担は、10万円となります。が、年14%だと、金利差による利息負担は14万円となり、差額は4万円にもなります。そして、200万円になれば倍の8万円となり、借入額がもっと大きくなればなるほど、また返済期間が1年、2年、3年と長くなればなるほどかなり重い金利負担となるのです。そして、その意味から言えば、銀行カードローンの金利は低いと言って過言ではないと思われます。

 

銀行カードローンの中にも金利高めなものあります

 

消費者金融カードローンとの比較においては、銀行カードローンは平たく言って低金利であると言ってよいでしょう。その一方で、銀行カードローンの中での比較で見ると、金利が高めと感じられてしまう銀行カードローンもあるのです。
たとえば、先の【みずほ銀行】は年4.0〜14.0%と銀行カードローンの中でも低めの金利水準となっており、【住信SBIネット銀行】では年1.99〜7.99%といった、信じられないような低金利となっているものもあります。しかし、【オリックス銀行】の年3.6〜16.8%、【セブン銀行】の年15.0%、【ジャパンネット銀行】の年2.5〜18%などの銀行カードローンの金利は、銀行の中でもやや“最高金利が高め”のカードローンと言えるのです。

 

このように一般的には低金利と言われている銀行カードローンでも、相対的に見比べてみると金利が高いと感じられてしまうところはあります。そのことから、低金利の銀行カードローンを選ぶのであれば、きちんと銀行カードローン同士の金利を見比べてみることは大切になると思いますよ。

銀行カードローン比較リスト