銀行カードローンと消費者金融カードローンとの審査比較|銀行からお金を借りる

銀行カードローンと消費者金融カードローンとの審査比較

銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも、お金を借りる際には必ず審査を受けて審査にパスしなければなりません。一方で、同じカードローン審査であっても審査の難易度は微妙に異なります。また、審査の難易度によって、実際にお金が借りられるのか借りられないのかの分かれ道になるとも言ってよいのです。

 

基本的に「銀行審査」も「消費者金融の審査」も同じです!

 

最初に言っておきたいのは、銀行のカードローン審査でも消費者金融のカードローン審査でも、審査内容については公表されていません。そのことから双方の審査の難易度比較に関しては、あくまでも推測の域を出ないと言うことになります。しかし、銀行や消費者金融のカードローン審査を実際に受けた方々の口コミ情報を詳細に調べると、銀行と消費者金融のカードローン審査の違いや比較から見えてくるおおよその難易度と言うものは計ることが可能なんです。審査比較とは言っても、実際には銀行と消費者金融のカードローン審査において、まったく異なる審査内容や審査基準を採用している訳では無いのです。つまり、「審査内容は銀行も消費者金融も同じ」と言って差し支えないのです。審査で調べられることは、申込者の「信用能力」と「返済能力」の2点となります。銀行でも消費者金融でも、それ以外の観点については調べないのです。

 

「信用能力」の審査比較ではどうなるの?

 

銀行のカードローン審査も消費者金融のカードローン審査でも、ともに信用能力の審査では信用情報機関に与信をかけて申込者の信用情報を調べるかたちとなります。信用情報の中で、過去に何度も返済延滞を繰り返していたり、任意整理や自己破産などの債務整理歴があると銀行でも消費者金融でも審査通過は難しくなります。他方で、そのような審査に通り難くなってしまう信用情報機関のキズや汚点に関しては、消費者金融の方が柔軟に対応してくれます。たとえば、返済の延滞履歴について消費者金融の審査ではぎりぎりセーフとなる場合がある一方、銀行の審査では返済の延滞履歴は即審査落ちの対象になってしまう場合が少なくありません。このように信用能力の審査比較においては銀行の方がハードルが高くなってしまいます。

 

「返済能力」の審査比較だとどうなる?

 

「返済能力での審査比較に関して言えば、銀行や消費者金融共に「安定収入のある事」が絶対条件になると考えてください。そのことから無収入の人や収入が極めて不安定な人だと、銀行はもちろんの事、消費者金融でもカードローン審査に通してくれません。一方で、「収入の安定度」については、消費者金融の方が柔軟で幅のある対応をしてくれます。消費者金融では、収入がやや不安定とみなされてしまうアルバイトやパートでも審査に通してくれる確率は高くなります。銀行の審査だとハードルが上がってしまい、かなり収入の安定度が高いアルバイトやパートの人でないと審査に通るのは難しくなってしまいます。また、「年収」の程度について消費者金融の審査ではほとんど問題視されませんが、銀行の審査では年収の高低は審査の可否に影響してしまうことが多いと言ってよいのです。あまり年収が低いと「返済能力なし」と判断されて審査に通してくれません。

 

銀行カードローン比較リスト