銀行カードローンと銀行系カードローンの違い|銀行からお金を借りる

銀行カードローンと銀行系カードローンの違い

ネット上のいろんな金融サイトを眺めていると、少なからぬサイトが「銀行カードローン」と「銀行系カードローン」とを同列のカードローンとしてあつかっている内容が目に付きます。2つとも銀行がバックについているカードローンなので、基本的に同列に語ることも可能ではあります。が、厳密な観点から言えば、銀行カードローンと銀行系カードローンは別もののカードローンと言って良いのです。

 

「銀行系カードローン」ってなに?

 

まずは「銀行系カードローン」について説明しましょう。結論から先に言えば、銀行系カードローンって実は「消費者金融カードローン」なんです。と言うのは、銀行系カードローンは銀行がバックについて運営しており資金面でも支えているものの、実際の融資元は消費者金融となるからです。銀行系カードローンはプロミスやアコム、モビットと言ったものがあり、これらって消費者金融ですよね。プロミスやアコムは、かつて独立系・ノンバンク系の消費者金融でしたが、貸金業法改正に伴って銀行グループ傘下の会社となったことで「銀行系」との呼称がつけられることになったのです。たとえば、プロミスとモビットは三井住友銀行グループ傘下の消費者金融であり、モビットは三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の消費者金融となります。一方で、アイフルについては、ATM利用などで銀行と業務提携をしていますが、銀行グループの傘下には入っていないので、現在は唯一の独立系・ノンバンク系の消費者金融としての地位を守っています。また、カードローン審査も原則として消費者金融が行うものとなります。以上のことから、銀行系カードローンは、大きなくくりで言えば消費者金融カードローンの範疇に入れてよいものとなります。

 

「銀行カードローン」はどうなの?

 

「銀行カードローン」は、銀行が融資母体となり銀行自体が提供しているカードローンとなります。たとえば、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローンなどが銀行カードローンとなります。他方で、カードローン審査は、保証会社となる消費者金融や信販会社が行い、その上で銀行自体も審査すると言った二段構えの審査となるのが普通と言ってよいでしょう。

 

両者の違いってどんな点?

 

さて、銀行カードローンと銀行系カードローンの違いについて、まず指摘すれば、銀行系カードローンは「貸金業法」によって融資が規制され、銀行カードローンは「銀行法」によって融資が規制されることです。そのことから年収の3分の1までの借入上限となる総量規制の対象となるのは銀行系カードローンとなり、銀行カードローンは対象外となります。次の点は「金利」です。銀行カードローンの標準的な金利水準は年4%台〜14%台となる一方で、銀行系カードローンは年4%台〜18%となることで、最高金利では銀行カードローンの方が金利が低くなります。融資額に関しては、銀行の方が高めの融資額となる傾向がありますね。最後の違いは、銀行系カードローンはすべて即日融資に対応可能ですが、銀行カードローンの場合は即日融資に対応できるところと対応不可となるところがあります。

銀行カードローン比較リスト