銀行カードローンの便利な利用方法|銀行からお金を借りる

銀行カードローンの便利な利用方法

数あるカードローンの中で、銀行カードローンは一番上手に使えば大きなメリットが得られるカードローンと言って良いと思われます。一方で、銀行カードローンは審査が厳しめとなることで、「ちょっと自分には敷居が高いなあ〜」と利用する前から諦めてしまっている方もいると思われます。確かに銀行カードローンはメリットが大きい分だけ審査は厳しくなるので借り難さはあると思います。しかし、審査に通れば銀行カードローンの便利な利用方法がありますよ!

 

「銀行カードローンが狙い目」と言える理由

 

銀行カードローンならではのメリットをしっかり理解しておくことが銀行カードローンを便利に使う上での大前提になると考えられます。銀行カードローンでのメリットを語る上において、まず注目したいのは「年収の3分の1までが借入上限」となる総量規制の対象外になることです。原則として借入上限額に制限が無いことから、必要とする金額まで融資してもらえる可能性はありますし、特に大口融資を受ける際には「総量規制の対象外+融資額が大きい」との銀行カードローンは狙い目になると言う訳なのです。銀行カードローンのメリットで絶対に外せないのは、「金利の低さ」です。銀行カードローンの標準的な金利水準は、年4%台〜14%台となり、消費者金融カードローンの年4%台〜18%と比較すると、最高金利での銀行金利の低さは明白と言えます。金利が低いと借りた後の返済負担が軽くなるので、希望融資額の大小にかかわらずお得になると言って良いでしょう。最後の点としては、「銀行カードローンって意外と便利!」と言ったことなんです。消費者金融は無人契約機やネットで簡単にお金を借りられるイメージが強い一方で、銀行の場合は窓口で申し込んで書類を作り、実際に融資を受けるまでにはその後に何回か来店してようやく数日後にお金が借りられると言ったものでした。しかし、ちかごろは銀行カードローンでもネットを利用してパソコンやスマホで簡単に申し込めて、手続きのし易さは消費者金融並みとなっているのです。また、コンビニATMとも提携しているので24時間365日いつでもどこででもすぐにお金が借りられるようになっています。

 

銀行カードローンの便利な利用方法は?

 

銀行カードローンは金利が低くて融資額も大きいので、比較的まとまったお金を低金利で長く借りられると言ったメリットがあります。そして、そのメリットを活かせば、いろいろな目的に利用できる幅が広がります。ただし、「事業性資金」には充てられないので注意してください。たとえば、低金利で大口融資が可能となるので、マイカーローンの代わりにカードローンが利用できます。ちょっとした学資資金としても利用可能です。また、結婚式のためのブライダル資金としても低金利でまとまったお金が借りられる銀行カードローンなら利用できると思いますよ。加えて、銀行カードローンの便利な利用方法としては、「おまとめローン」として使うことなのです。おまとめローンは低金利のところに一本化して少しでも金利負担を減らすのが目的なので低金利で大口融資が受けられる銀行カードローンはまさにうってつけのローンになると言ってよいでしょう。

銀行カードローン比較リスト