銀行カードローンを一度に複数申込みすると?|銀行からお金を借りる

銀行カードローンを一度に複数申込みすると?

「どこかでお金を借りたい!」と決めたら、絶対にお金を借りたいですよね!?そうなると、たった1社のみの申し込みではちょっと不安になりますよね。そういうことで、銀行カードローンを利用する方の中には、一度の複数の銀行カードローンに申し込みをする人って決して少なくないのです。

 

複数申込みは「百害あって一利なし!」

 

「複数の銀行カードローンに申し込めば、1社くらいは審査に通るだろう」「申込件数を増やせば、それだけ審査に通る確率も高くなるだろう」といった風に考えてしまうのは十分に理解できます。でも、それってまったくの素人考えなんです!なぜなら、銀行カードローンに一度の複数社に申し込むことは、「百害あって一利なし!」だからです。それにはきちんとした理由があります。まず銀行カードローンへの申し込みは、すべて信用情報機関に記録されることになります。つまり、申込先となる各銀行では、申込者が今回どの銀行カードローンにどれだけ申し込んでいるのかは筒抜けとなってしまうと言うことなんです。だってどんな銀行のカードローン審査でも必ず信用情報機関に与信をかけて申込者の信用情報を詳細に調べるからです。そして、信用情報において、一度に複数社の銀行カードローンに申し込んでいる事実を審査担当者が知ったらどのように感じると思いますか?たぶん「この人ってこんなにお金の困っているのか?」「こんなにたくさんのカードローンからお金を借りて返済は大丈夫なのか?」といったように、利用者本人の意図とは関係なく、申込者に対する心象は悪くなってしまうと言ってよいのです。銀行カードローンの審査担当者に、そのようなネガティブなイメージを与えてしまうと、当然の事ながら審査になかなか通してくれなくなってしまいます。そのことから「百害あって一利なし!」と言うことなんです。

 

「申込みブラック」とみなされたら銀行カードローンは利用できない!

 

もうひとつ銀行カードローンに一度に複数申込みした場合の最悪のケースとしては、「申込みブラック」として審査でみなされてしまうことなのです。「申込みブラック」は、債務整理などで信用情報機関に名前が記録されてしまう金融ブラックではありませんが、同じく「要注意人物」となることで審査に通らなくなります。銀行カードローンの審査では、特に申込者の信用力が重視され、かつ審査も厳しめとなるので、申込みブラックと判断されると100%の確率で審査に通してくれません。では、銀行カードローンに一度に申し込んでも大丈夫な申込件数ってどれくらいなんでしょうか?確かな事は言えませんが、1〜2社くらいが限度と言われているようですね。が、1社の銀行カードローンの審査に落ちたら、十分に期間を置いてから新規に1社の銀行カードローンに申し込むのがベストだと思いますよ。

銀行カードローン比較リスト